グローバルIPとプライベートIP

グローバルIP

インターネットに接続する機器に割り振られるIPアドレスです。

世界中の機器で重複しないIPアドレスで、プロバイダに契約すると1つもらえてインターネットのやり取りができるようになります。

ちなみに、プロバイダの契約内容によって、グローバルIPは適宜変わります。
これは、「IPアドレスが不足しているため」、「セキュリティのため」です。

プライベートIP

LANの中で割り当てられるIPです。

LANの中で重複することはないが、世界中では重複することがあるIPアドレスです。

プライベートIPが必要な理由

プロバイダに契約してもグローバルIPは一つしかもらえません。
IPアドレスは枯渇しているのでたくさんもらうことができないのです。

一つのグローバルIPで複数の機器をネットワークにつなげるようにするためにプライベートIPが必要なのです。

プライベートIPの仕組み

インターネットにはルータが代表して繋がり、ルータがグローバルIPを持ちます。
ルータにつながる機器にはプライベートIPを割り当てます。

ルータと機器がやり取りするために必要なアドレスがプライベートIPということです。

ちなみに、プライベート範囲に使える範囲は以下と決まっています。
逆にこれ以外はグローバルIPです。

10.0.0.0~10.255.255.255
172.16.0.0~172.31.255.255
192.168.0.0~192.168.255.255

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。